2007年09月05日

女性のためのがん保険基礎知識「診断給付金」

女性のためのがん保険の基礎知識として、
今回は「診断給付金」について、
一緒に勉強していきたいと思います。


がん保険の基本的な仕組みは・・・


「がん診断給付金」
「がん入院給付金」
「がん手術給付金」


主契約は「がん入院給付金」、
または「がん入院給付金」と「がん手術給付金」
としている商品が多いです。


入院した時に1日いくら支払われる。
手術した場合にいくら支払われる。
そういうのが基本的な契約になっているわけです。


この2つは分かりやすいですよね。


あまり馴染みがないのが「診断給付金」です。


これはがんと診断されたときに支払われる一時金のことです。
初めてこの言葉を聞いた時は「???」でした。
今いち、意味が分からないというか、
何のためのお金かピンとこないというか・・・。


でも、自分が実際にがんになったことを想像すると、
診断給付金の意義がよ〜く分かります。


闘病している間、当たり前ですが、
入院すれば入院費はかかりますし、
手術をすれば手術費がかかる。


でも、他にもお金がかかりますよね。


たとえば入院している間、仕事ができないので、
収入が減って、生活費が足りなくなるかもしれない。


闘病が長引けば長引くほど、
入院費と手術費以外の経済的負担・マイナス面は大きくなる。


自分が実際にがんになった場合の生活を
具体的にイメージしてみて下さい。


「がん入院給付金」
「がん手術給付金」
の2つだけで十分な方もいるかもしれません。
でも、それだけでは足らない状況に陥る人もいますよね。


基本的に格安と言われているがん保険には、
この「診断給付金」が付いてない場合が多いです。
保障内容をよく確認して契約するようにしましょう。


診断給付金の有無は
実際にがんになった時に支払われる保険金に大差があります。


具体的にどのくらい受け取り額が異なってくるか
知りたい方はこちらを参考にしてみると、
とても分かりやすいかと思います。


女性のためのがん保険を選ぶ際には、
ぜひ今回の診断給付金のことを忘れずにチェックして下さい。


↓ 他サイトの関連記事もどうぞ♪

関連する他サイトの記事
posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 23:22 | TrackBack(0) | 女性のためのがん保険基礎知識

女性のためのがん保険基礎知識「がん保険の概要」

女性のためのがん保険基礎知識として、
今回は「がん保険の概要」について、勉強していきましょう!


がん保険って、いろんな保障が付くみたいだけど、
どうも保障内容がごちゃごちゃしていて、よく分からない。
まあ、保険なんてがん保険に限らず、
みんなそんなもんかもしれませんが・・・。


いざがん保険選びって時に混乱しないように、
がん保険の基本的な仕組みを知っておかないとダメみたいです。


がん保険の基本的な保障は以下の3つ。


「がん診断給付金」
「がん入院給付金」
「がん手術給付金」


主契約は「がん入院給付金」、
または「がん入院給付金」と「がん手術給付金」
としている商品が多いです。


入院した時に1日いくら支払われる。
手術した場合にいくら支払われる。
そういうのが基本的な契約になっているわけです。


次に「診断給付金」というのがあります。
これは入院給付金や手術給付金のみの
格安のがん保険には付いていない場合が多い保障です。


初めてがんと診断された場合などに給付される一時金です。
これについては別の記事で詳しく触れることにしますが、
保障額の大きさなどから見て、
がん保険選びの際には非常に重要となるポイントですので、
今ココで名前くらいは覚えておいて下さい。


他に、
「がん長期入院給付金」
「がん通院給付金」
「がん退院療養給付金」
「がん死亡保険金」
「がん高度障害保険金」など、
数多くの保障が用意されていますが、
これらは各保険会社が独自に用意した特約であり、
希望に応じて付け加えていくことになります。


オプションってやつですかね。
当然、保険料は高くなります。


がんは他の病気とは異なり、
長期間にわたる療養、
高額の医療費負担、
再発・転移の危険性などから、
手厚い保障に対するニーズが強く、
各社様々な商品を出しています。


当然、女性がんに特化した保険もニーズが高いです。


しかし基本的な仕組みは以上のような形になってます。
混乱しないで、慎重に丁寧に選ぶようにしましょう。


保険はマイホームの次に高い買い物だと言われていますから。


(↓他サイト関連記事もどうぞ!)

関連する他サイトの記事
posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 00:21 | TrackBack(0) | 女性のためのがん保険基礎知識

2007年09月04日

女性のためのがん保険基礎知識「がん保険と医療保険」

この「女性のためのがん保険基礎知識」カテゴリでは、
実際に保険を選ぶ際に押さえドコロを勉強します。


保険って、CMやパンフレットでの
イメージだとか知名度が大きな要素で、
保険の内容そのものを理解して決める人は
本当に少数派だと思います。


約款なんて、いちいち細かく読んでいられないし、
仮に読んだとしても、
完全に理解し、
かつ疑問点をきちんと見出し、
営業マンに説明を求めることができるのか・・・。


・・・できないですよね(ToT)


約款は読まなくてはいけないんですが、
いきなりぶつかっても玉砕してしまうので、
この「女性のためのがん保険基礎知識」カテゴリで、
最低限のところを押さえていって下さい。


今回は「がん保険と医療保険」についてです。
まず、がん保険と医療保険の関係を押さえておきましょう。


医療保険は、
「病気や災害(事故・ケガ)で治療を目的とした
入院や手術等をした場合に保障してくれる保険」で、
がんの場合でも当然保障の対象となります。


がん保険は、
「がんで治療を目的とした
入院や手術等した場合に保障してくれる保険」であり、
がんのみ保障の対象になります。


・・・当たり前のことのようですが、
幾多ある各社の保険商品を見ていると、
こうした基本的な分類さえ見失うことがあります。


自分が今調べている保険が下のどれに当たるのか、
常に頭に入れながら保険を選びましょう。


1.医療保険で特にがんに対する上乗せ給付などがないもの。
2.医療保険でがんに対する上乗せ給付などがあるもの。
3. がんに特化した保険。


保障を確保していく順番としては、
まず保障範囲の広い医療保険(1や2)を確保し、
それでもがんが心配な場合は
上乗せとしてがん保険(3)を確保すると良いです。


女性保険がんに備える上で、
基本的に枠組みとなる考え方なので、
ぜひ頭に入れておいて下さい。


(↓関連他サイト記事も参考にどうぞ!)

関連する他サイトの記事
posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 23:08 | TrackBack(0) | 女性のためのがん保険基礎知識

2007年09月03日

女性の保険以前のがん知識「がん検診」

この「女性の保険以前のがん知識」カテゴリにおいて、
乳がん、子宮がん、卵巣がんについて説明しましたが、
今回はそういう女性特有のがんを予防・早期発見するための
検診について触れてみようと思います。


検診って、大切なのは分かっていても
なかなか自主的に足を運ぶのは難しいものです。


私と妻が女性がん保険に興味を持って、
がん検診を受けてみようという気になったのも、
妻の知り合いが実際に心配な症状があって、
検診を受けたという身近が実例があってのことです。


女性のがんに限らずですが、
病気は何と言っても早期発見・早期治療が肝心です。
卵巣がんのように、
なかなか初期での発見が難しいものもありますが、
もちろん検診を定期的に受けるにこしたことはありません。


よく言われるのは、
女性は25歳を過ぎたら定期的にがん検診を受けた方が
良いということですね。


おかしなことに、この検診は保険が利かないので、
おおよそ8千円から1万円の出費となりますが、
がんの早期発見のため、ガマンしましょう。


ただし、体調不良で診察を受けにいって、
その一環として女性のがん検診を受けた場合は、
保険が適用されるそうです。


また30歳を過ぎると自治体が女性のがん検診を
公費で負担してくれるところもあるそうです。
我がつくば市はどうだったっけ・・・。
何か案内を見たような記憶があるんだけど・・・。


もしそれでもやっぱり検診に行くのが億劫な方!


せめて女性特有のがん保険には
どこかしら加入しておくことをお勧めします。
これだけ女性がん保険が注目されているのも、
がんの若年化など、需要が広がりつつあるからです。


自分の身は自分で守るしかないですからね。

関連する他サイトの記事
posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 23:55 | TrackBack(0) | 女性のための保険以前のがん基礎知識

女性の保険以前のがん知識「卵巣がん」

女性保険以前のがん知識としまして、
今回は「卵巣がん」について勉強したいと思います。


卵巣がんは、「沈黙の腫瘍」といわれ、
初期には症状がなく、発見が難しいがんだそうです。
そのうえ転移が早いために死亡率が高く、
がんの中でも非常にタチの悪いとのこと。


日本人女性には少ないがんでしたが、
最近、増加傾向にあるようで、
妻のことが心配になります・・・。



具体的には、卵巣がんとはどんな病気なのでしょうか。


卵巣は、女性の身体の中でも、
もっとも腫瘍ができやすい器官らしいです。


卵巣にできた腫瘍のうち、悪性のものを卵巣がんといいます。


年齢的には、10代の女性から(!)見られますが、
多いのは30〜50代の女性です。


卵巣がんは、
最初から卵巣がんとして発生した「原発性」のものと、
他の臓器に発生したがんが転移してできた「転移性」のものとに
分けることができます。


ほとんどは原発性ですが、
転移性の場合は、
胃がんや乳がんからの転移が多くなっています。


厄介だと私が思うのは、
卵巣がんの原因が、今のところはっきりしていないということ。


日本での発生率は、欧米に比べて低いそうですが、
最近は増加傾向にあります。
これは、食生活の欧米化が進み、
タンパク質や脂肪の摂取量が増加したことと
関連があるのではないかといわれています。


原因が不明ということですが、
一応の傾向として以下の危険因子が挙げられています。


●月経が不順
●無排卵性の不妊症
●妊娠・分娩の経験が少ない
●更年期以降
●肥満・糖尿病・高血圧症
●たばこを吸う
●動物性食品をよく食べる


今のところ、ウチの嫁は大丈夫かな。
しかし、先程少し触れたように、
卵巣がんは、初期のうちは、無症状で、
診断でもなかなか発見しづらいそうですから、
油断はできません。


人によっては、少し進行した時点で、
ウエストが太くなったとか、お腹の張り、
腹痛に気づくことがあるようです。


さらに進行すると、腹水が溜まる、頻尿、便秘、出血、
体重減少などの症状が出てきます。


・・・。


初期発見の難しさ、死亡率の高さ。
女性特有のがんの中で最も厄介なのが、
この卵巣がんなのだと、勉強になりました。


いつわが身に降りかかるかもしれません。
女性保険で卵巣がんに備えておきべきでしょう。
女性がん保険ではこの卵巣がんが適用内であるかは、
必ずチェックしておきましょう。


参考サイト:http://www.kao.co.jp/laurier/health/001/002.html

関連する他サイトの記事
posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 23:34 | TrackBack(0) | 女性のための保険以前のがん基礎知識

女性の保険以前のがん知識「子宮がん」

女性保険以前のがんの基礎知識として
ここでは「子宮がん」を取り上げてお話します。


子宮がんには頚がんと体がんの2種類があるそうです。


最近、頚がんは20歳代の若年層では
急激に増加しているとのこと。
我が愛妻も要注意ってことですね・・・。


頚がんはヒトパピローマウイルス(HPV)という
ウイルスの感染が関与しており、
若い年代での感染の機会が増えているためと考えられています。


診断方法ですが、
子宮頚部の細胞診というものでがん細胞を見つけるそうです。


細胞診は、綿棒などで子宮頚部の表面から細胞をこすりとって、顕微鏡で調べます。


体がんは不正性器出血での発見が約90%に及ぶそうです。
不正性器出血とはどういうものでしょうか。


正常な月経以外の性器出血のことで、
おりものに混じる出血、性交後の出血、
月経後も出血が続くことなどがあげられます。


また、出血の量や性状も様々です。
不正出血は、重大な病気のサインである場合が少なくないので、原因がわからなければ、早めに婦人科医師に相談して下さい。


不正出血の状態で疑われる病気については、
以下のサイトを参考にして下さい。
 

http://home.hiroshima-u.ac.jp/~health/woman.html


女性がんは若年化の傾向があるようですね。
若いからといっても無頓着ではいられません。
女性特有のがんのことを知った上で、
女性保険がんに備えましょう。

関連する他サイトの記事
posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 23:08 | TrackBack(0) | 女性のための保険以前のがん基礎知識

2007年09月02日

保険以前の女性の常識「乳がん」

女性がん保険について検討する以前に、
そもそも女性特有のがんについての知識がなさすぎる私・・・。


旦那、失格ですね。


女性の皆さんには今更かもしれませんが、
一応、女性保険以前の知識として、
女性特有のがんについて調べてみました。


今回は乳がんです。






近年、日本人の乳がんにかかる率(罹患率)は急増し、
毎年新しく約3万5000人の人が、乳がんの治療を受けています。


この数は、1970年の約3倍に当ります。


女性のがん罹患数でみますと、乳がんは第1位となっています。


乳がんは、他のがんに比べて
治療後の経過が良好とは言われていますが、
約30%の人は、がんの再発のために亡くなっています。
その数も年々増加しています。


乳がん発症のピークは、40歳代後半です。
続いて50歳代、60歳代が乳がんになりやすい年代です。


マンモグラフィーで検査すると、
しこりとして触れない初期のがんも見つけることが出来ます。
治療法は基本的には手術ですが、
初期であれば、乳房をとることはありません。


乳がんは、乳房にしこりができるので、
自分でも見つけることができます。


自分で検診することを習慣にしましょう。
毎月の月経開始5日目から1週間が、
乳房に張りや痛みが少なく最適です。


また、閉経後の方は毎月自分で日を決めて、
定期的にチェックすることが大切です。
(たとえば誕生日の日にあわせるとか)
そして、少しでも変だと感じたら、
すぐに専門医の診察を受けましょう。


参考:http://home.hiroshima-u.ac.jp/~health/woman.html






うわ〜調べていて、我が妻のことが心配になってきました。
年々増加する患者数。
ピークは40歳代とは言え、
最近では若い人も罹りやすいと聞いたこともあります。
約30%は再発で亡くなるということですし・・・。


女性保険としてがん保険
これほど普及しているのも頷けますね。


女性特有の乳がんは年々患者数も増え、
若年化の傾向も見られるということで、
がん保険でしっかりと備えておきたいものです。

posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 21:54 | TrackBack(0) | 女性のための保険以前のがん基礎知識

「女性保険がん」のサイトを開設したのは、妻のためです。

はじめまして、こんにちは!
女性保険がん ウラ事情を全て暴露します。」
の管理人、松原と申します。


このサイトをご利用して頂くに当たって、
蛇足かもしれませんが、
私がこの「女性保険がん」のサイトを開設するに至った
経緯をご説明してみよう思います。


私は・・・男性です。
女性がん保険を扱っているにも関わらず、男です。


なぜ男の私が女性に特有のがん保険について
あれこれ調べているのか。


理由はただ一つ。


妻のためです。


結婚してからも、育児や仕事の忙しさに追われ、
お互い保険のことなんてロクに考えてこなかったのですが、
最近、妻がめっきり身体を弱くしました。


また妻の知り合いでも乳がんや子宮がんなど、
女性特有のがんの検診を受け始めた人が多いと聞き、
そろそろ真剣に女性保険、特にがん保険について
検討していくべきだと痛感したからです。


疲れやすくなった妻を見ると、
今までの自分の無頓着ぶりが許せなくなります。


もしも妻が女性特有のがんを患ったとき、
私には保険なしで対応できる経済力がありません。
多くの男性はそうでしょう。


それなのに、今まで女性保険がんについて、
ロクに準備をしてこなかった・・・。
そんな自分を戒めるため、
しっかりと自分の女性がん保険についてのリサーチ結果を
こうしてサイトとして残すことにしたのです。


きっと女性の方はもちろん、
旦那さんのお役にも立つんじゃないかと思います。
女性がん保険選びにぜひお役立て下さい。

posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 20:09 | TrackBack(0) | 「女性保険がん」のサイト開設の経緯

2006年06月11日

プライバシーポリシー

■メールアドレスについて

ご連絡頂いた電子メールアドレスを裁判所その他政府機関(警察/金融庁/税務署など)の要請がある場合を除き、ご本人からのご希望やご承諾なしに、この電子メールアドレス情報を第三者に開示することは一切致しません。


■広告サービスの利用

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法は下記をご参照下さい。


▼Cookieについて

1. サイト訪問者の利便性のためにCookieを使用することがあります。このCookieは、サイトに訪問した時、ログインした時に設定されます。 2. サイト訪問者数を計測するためにCookieを使用することがあります。 3. 掲載された広告でCookieを使用することがあります。 もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 ただし、Cookieはインターネットでの一般的な技術であり多くのサイトで使われているため、Cookieを全面的にオフにした場合、一部のサイトが正常に機能しなくなる可能性があります。


▼ウェブビーコンについて

ウェブビーコンは、ページを表示する際に呼び出される画像ファイルを用いて、特定のページの表示回数やユーザの動線を把握するという技術です。 ブラウザの設定で画像表示を抑制することでウェブビーコンを封じることはできます。


▼Cookieの無効化について

Cookieの取得を拒否したい場合には、お使いのブラウザの 「ヘルプ」メニューをご覧になり、クッキーの送受信に関する 設定を行ってください。 ブラウザに保存されているCookieを削除することもできます。
posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 04:45| プライバシーポリシー