2007年09月03日

女性の保険以前のがん知識「卵巣がん」

女性保険以前のがん知識としまして、
今回は「卵巣がん」について勉強したいと思います。


卵巣がんは、「沈黙の腫瘍」といわれ、
初期には症状がなく、発見が難しいがんだそうです。
そのうえ転移が早いために死亡率が高く、
がんの中でも非常にタチの悪いとのこと。


日本人女性には少ないがんでしたが、
最近、増加傾向にあるようで、
妻のことが心配になります・・・。



具体的には、卵巣がんとはどんな病気なのでしょうか。


卵巣は、女性の身体の中でも、
もっとも腫瘍ができやすい器官らしいです。


卵巣にできた腫瘍のうち、悪性のものを卵巣がんといいます。


年齢的には、10代の女性から(!)見られますが、
多いのは30〜50代の女性です。


卵巣がんは、
最初から卵巣がんとして発生した「原発性」のものと、
他の臓器に発生したがんが転移してできた「転移性」のものとに
分けることができます。


ほとんどは原発性ですが、
転移性の場合は、
胃がんや乳がんからの転移が多くなっています。


厄介だと私が思うのは、
卵巣がんの原因が、今のところはっきりしていないということ。


日本での発生率は、欧米に比べて低いそうですが、
最近は増加傾向にあります。
これは、食生活の欧米化が進み、
タンパク質や脂肪の摂取量が増加したことと
関連があるのではないかといわれています。


原因が不明ということですが、
一応の傾向として以下の危険因子が挙げられています。


●月経が不順
●無排卵性の不妊症
●妊娠・分娩の経験が少ない
●更年期以降
●肥満・糖尿病・高血圧症
●たばこを吸う
●動物性食品をよく食べる


今のところ、ウチの嫁は大丈夫かな。
しかし、先程少し触れたように、
卵巣がんは、初期のうちは、無症状で、
診断でもなかなか発見しづらいそうですから、
油断はできません。


人によっては、少し進行した時点で、
ウエストが太くなったとか、お腹の張り、
腹痛に気づくことがあるようです。


さらに進行すると、腹水が溜まる、頻尿、便秘、出血、
体重減少などの症状が出てきます。


・・・。


初期発見の難しさ、死亡率の高さ。
女性特有のがんの中で最も厄介なのが、
この卵巣がんなのだと、勉強になりました。


いつわが身に降りかかるかもしれません。
女性保険で卵巣がんに備えておきべきでしょう。
女性がん保険ではこの卵巣がんが適用内であるかは、
必ずチェックしておきましょう。


参考サイト:http://www.kao.co.jp/laurier/health/001/002.html

がん/なおしチラホラたいせつ絢子負け戦KDX明白りサムガ/むくみスッキリ/卵巣がん(卵巣/痛みの雨が降る・・・・・・/通信販売している検査キット/がん/卵巣/ガ〜ン…。/がん/がん/医療保険 「あんしんアミュレット」女性に手厚/避妊薬OC/卵巣/OC って?女性ならではの悩みに答えて/がん/あと/・フコイダン飲用体験談例/OC for me!/OCって・・・/女性のお薬/赤ちゃんを捨てること。
[健康][コスメ]牛乳や乳製品の/ZARD坂井 泉水さん伝説に/卵巣がん/卵巣がん/健康・医療ニュース[07-5-31/ハトのポーズが決まった!!/がん/2007-05-28/先輩と会いました♪/よかったー/もっと知ってほしい!自分のカラダ/ママが心配なの。。。/癌死亡率の減少/ほんとはね。/がん/PET検査で分かること/抑毛効果のある低用量ピル/[日記] 腹膜炎!?/同意書/がん/当院でのピルの価格。/自分を守る/がん/うれしかった
posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 23:34 | TrackBack(0) | 女性のための保険以前のがん基礎知識
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5311859
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック