2007年09月03日

女性の保険以前のがん知識「がん検診」

この「女性の保険以前のがん知識」カテゴリにおいて、
乳がん、子宮がん、卵巣がんについて説明しましたが、
今回はそういう女性特有のがんを予防・早期発見するための
検診について触れてみようと思います。


検診って、大切なのは分かっていても
なかなか自主的に足を運ぶのは難しいものです。


私と妻が女性がん保険に興味を持って、
がん検診を受けてみようという気になったのも、
妻の知り合いが実際に心配な症状があって、
検診を受けたという身近が実例があってのことです。


女性のがんに限らずですが、
病気は何と言っても早期発見・早期治療が肝心です。
卵巣がんのように、
なかなか初期での発見が難しいものもありますが、
もちろん検診を定期的に受けるにこしたことはありません。


よく言われるのは、
女性は25歳を過ぎたら定期的にがん検診を受けた方が
良いということですね。


おかしなことに、この検診は保険が利かないので、
おおよそ8千円から1万円の出費となりますが、
がんの早期発見のため、ガマンしましょう。


ただし、体調不良で診察を受けにいって、
その一環として女性のがん検診を受けた場合は、
保険が適用されるそうです。


また30歳を過ぎると自治体が女性のがん検診を
公費で負担してくれるところもあるそうです。
我がつくば市はどうだったっけ・・・。
何か案内を見たような記憶があるんだけど・・・。


もしそれでもやっぱり検診に行くのが億劫な方!


せめて女性特有のがん保険には
どこかしら加入しておくことをお勧めします。
これだけ女性がん保険が注目されているのも、
がんの若年化など、需要が広がりつつあるからです。


自分の身は自分で守るしかないですからね。



ピンクリボン/ピンクリボン運動/ピンクリボンフェスティバル2007/乳がんの正しい知識を持ってますか?/乳がんについて考える/交代/他人事ではない・・・

posted by 女性のがん保険ナビゲーター at 23:55 | TrackBack(0) | 女性のための保険以前のがん基礎知識
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5312096
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック